環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2019年12月06日 エコプロ2019に行ってきました!

現在、東京ビッグサイトでエコプロ2019が開催されています。今年は、初日である昨日、開場直後から2年生が、今日は午後から1年生が見学に行ってきました。


エコプロ1年








 

今年はSDGsWeekとして、社会インフラテック2019と気候変動・災害対策Biz2019も南ホールで同時開催だったため、MOSHIMO BOSAI プロジェクトメンバーの二人はこっちも見学。JFEアクアサービス機器株式会社の新製品ライラック靴鮓てきました。小型・軽量の非常用浄水装置です。
 
DSC_1436








 

今回は環境省のミライのクルマのコーナーがやっぱり凄かった。

NCV








 東京モーターショーでも話題となっていた、「現在できる限りのパーツをCNFで作った」クルマです。
 基本的にはCNFとプラスチック(PP:ポリプロピレン、PA6:ナイロン6PC:ポリカーボネート)を混ぜて強度を高めて軽量化していますが、なんとボンネットはCNF100%!
 塗装前の部品を持たせてもらいましたが、簡単に片手で持ち上がります。すぐに社会実装というわけにはいかないようですが、将来はこのような車が走ることになるかもしれません。

 

海洋プラスチック関連の特設コーナーも多数の人が訪問されていました。

 実際の海岸の砂からプラスチックごみを分けてみよう!という企画は多くの人がトライしていました。
 意外と多いのが人工芝の切れ端とレジンビーズ。特にレジンビーズなんてどこから?と思うのですが、原料として海上輸送中のコンテナから少量がこぼれることが多いようです。

 

プラスチック代替品として、紙や木製のカトラリーや生分解性プラスチック製品も多数出品されていました。

生分解性レジ袋







 

これは欧州で販売されている熱可塑化でんぷんとPBATで作られたプラスチック製品です。

このブースで言われたことが本当に重要な事だと思ったので、このブログにも載せておきます。

「生分解性は不幸にも流出したときの保険であり、生分解するからといってそこらに捨てていいものではない」

 

SDGsの趣旨にすごくマッチした化粧品も販売されてました。

紫根化粧品








 株式会社みんなの奥永源寺さんの「MURASAKIno ORGANIC」。絶滅寸前の国産ムラサキを栽培し、紫根の抽出物を配合した化粧品を作られています。万葉集の有名な歌である「あかねさす紫野行き、標野行き野守は見ずや、君が袖ふる」(額田王)が詠まれた地で栽培。地域おこしの成功例としてすごく面白い化粧品です。

 

あまりにも面白そうな展示が多く、見逃したものがいっぱいあるのが残念です。明日7日(土)が会期最終日ですので、興味のある方は足を向けられてはいかがでしょうか?



SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「透明(?)な紙」できました!
ついに紙ができた! (製紙プロジェクト2018)
環境・バイオ科での脱プラスチックの試み


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 21:3 | この記事のURL | |

2019年11月20日 紙やプラスチックの代替新素材「LIMEX(ライメックス)」のボールペン!

脱プラを意識して(正確には違います:後述)、しばらく前からuni LIMEXのボールペンを使っています。

uni LIMEX






 928日に発売だったのですが、実はその日に某所有隣堂さんにて発見(空フェスの帰りです)、購入しました。 
 LIMEX(ライメックス)とは、石灰岩を主原料とする紙・プラスチックの代替素材です。
 昨年、脱プラスチックについて調べた際、検索に引っかかったので気になっていた素材です。まさかのボールペン商品化でした。

 このボールペンはサイズの割に重みがあり、持つとしっくりきます。デザインもかっこいいだけでなく、持った時の感触を考えて作られているのではないでしょうか? 芯はuni7mmのリフィル(S-7S)が使われていて交換可能です。(どう交換したらいいのかずっとわからなかったのですが、最近youtubeで発見しました!)
 

 LIMEXを作っている株式会社TBMによれば、原料は石灰石とポリオレフィン系材料の複合素材で、石灰石を50%以上含んでいるそうです。
 ポリオレフィンが入っているので「脱プラ」というより「減プラ」。でも
LIMEXリサイクルの概念が普通じゃないところがミソリサイクルの上を行くアップサイクル(元の製品より付加価値の高いモノを生み出し、高いサスティナビリティを実現する方法)という概念も打ち出しています。ライメックスシート製品をリサイクルしてスマホケース、ペン、食器等を作るのがアップサイクル。このボールペンも紙の代替素材のライメックスシートの端材をリサイクルして作っているとのこと。

 こうしてリサイクルが進められて廃棄される量を減らすことにより、SDGsの8つの目標に貢献することが可能。

SDGs6(100)SDGs8(100)SDGs9(100)SDGs12(100)SDGs 13(100)SDGs14(100)SDGs15(100)SDGs17(100)










 リサイクルしやすさに加え、生産するときに水の使用量が少なくて済むことなどがその理由。さらにポリオレフィンを100%バイオ由来材料に置きかえた
Bio LIMEX」も開発し、大阪サミットのゴミ袋として採用されていたようです。

LIMEX、私たちにもこれから身近な素材になってくるかもしれません。



SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「透明(?)な紙」できました!
ついに紙ができた! (製紙プロジェクト2018)
環境・バイオ科での脱プラスチックの試み


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 21:3 | この記事のURL | |

2019年11月11日 東京都産カカオで作ったTOKYO CACAO!

渋谷ヒカリエで先行販売されていたTOKYO CACAO
 実は販売最終日にこっそり入手してました! 

DSC_1409











DSC_1410









  最近は1月の
サロンデュショコラでもBean to bar(カカオ豆の焙煎から自社で作る)がジャンルとして定着していますが、これはその上を行くSoil to bar chocolateカカオ畑作りから果実の収穫、豆の発酵から焙煎も、すべて東京で行っているチョコレートです。自社で栽培もしているので、原料のサスティナビリティをしっかり確保。ヨーロッパの有名ショコラティエにも負けないシステムですね。よく小笠原で栽培しているなぁ、とも思いますが…

 

チョコレートはかなり特殊な製品で、ほぼ体温で融解するにもかかわらず、原料のカカオは30度を超える高温でないと商業栽培が困難という、ある意味矛盾した存在です。だから同産地でのSoil to barは非常に難しい。カカオの産地とチョコレートの産地は別にならざるを得ないのです。ところが東京都はカカオがギリギリ育つ小笠原で果実を栽培し、本州でチョコレートに加工できるので、完全東京産チョコレートが生産できます。フードマイレージという観点からも、遠いカカオ栽培国からの輸入と比べてそれなりに有利です。
 と書いてgoogle mapで見てみると、びっくりするくらい遠いですね。小笠原。まして畑は母島とのことなので、とんでもなく遠いです。地図を載せようと思いましたが断念しました!東京って広い!

tokyo cacao








 ケースに入っている冊子

カカオは岐阜県で奥飛騨ドラゴンさんも栽培されています(安定供給はまだできてません)。こちらは温泉熱を利用してのハウス栽培です。お茶、コーヒーは産地や品種のブランド化が進んできていますが、これからはカカオもそういう流れができてくるのかもしれません。希少なクリオロ種(カカオは通常フォラステロ種、トリニタリオ種が栽培される)を栽培するとか、特殊な発酵をさせるとか、付加価値を付けるにはいろいろな手段が考えられるので、国内でもいろいろなところで栽培されるようになるかもしれません。

農作物の加工については、八王子校の応用生物学科の得意分野ですが、チョコレートの化学は油脂化学なので、まさに化粧品と同じです。化粧品原料に使われるシアバタ―やアルガンなんかも国内栽培されるようになるかもしれませんね。

 原産国以外の土地で有用植物を栽培する場合、周辺の環境に影響を与えないようにするとか、その植物の原産国に何らかの還元をするとか、
SDGsのバランスをとることも大事です。SDGsは「誰一人取り残さない」というのが重要なので…

 

TOKYO CACAOは限定でネット販売しているようです。興味のある方は調べてみてはいかがでしょう?



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 10:21 | この記事のURL | |

2019年11月03日 かまた祭最終日!

 本日11月3日(日)は「かまた祭」最終日でした!
 と言っても2日だけなんですけどね。
 今日はくもりで、午後からの空模様が怪しかったにもかかわらず、多数の方がご来校されました。
今日も裏手の売店の通路はすごい賑わいでした。

 今日のテクカレは、下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会の黒坂委員長に特別講演を行っていただきました。
 昨日のブログでもお伝えしたように、この講演の最後に新たなカラーリングデザインが公開されました。
 新デザインはデザインカレッジの学生作品で、えんじ色のグラデーションに桜の花びらを散らしています。たまたまですが、ラグビー日本代表ブレイブブロッサムズも桜のエンブレムを採用していて、すごくタイムリーなデザインになりました。
 日本代表に採用してもらうことを目指すためのデザインですが、現時点で複数の国のチームからオファーがあり、それらの採用には「カラーリングも含めて」と条件が付くとのことです。桜のボブスレーが転戦する姿を早く見てみたいと思います!

 今回の講演の様子は明日11月4日(月)18時からのJ:COMさんのデイリーニュースで放送予定です(大田区の場合)。

 環境・バイオ科の実験室には、昨日に引き続き多くの卒業生に来ていただきました。
先生が留守にしていることが多くてすみませんでした。
来てくださったのに会えなかった方、本当にごめんなさい。

 昨日アップできなかった実習室の様子をアップします。

スライム
DSC_1458縮小









スライムの奥は人工イクラ

DSC_1457縮小











バスボム

DSC_1455縮小








同じくバスボム
1572773841466縮小







 今年は準備が出遅れたのですが、かなりうまく回せていたように思います。
 久しぶりに復活したバスボムが、思ったよりも時間を要して大変でしたが、その大変だったことも含めて、2年生がよくやってくれました。

 明後日からは通常授業が待ってます。

関連記事 

環境・バイオ科ブログ もうすぐ「かまた祭」です!

環境・バイオ科ブログ 明日からかまた祭です! 
環境・バイオ科ブログ かまた祭1日目! 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 20:22 | この記事のURL | |

2019年11月02日 かまた祭1日目!

本日11月2日(土)は「かまた祭」初日でした!

DSC_1454









オープニング開始直前の3号館前です。まだこの時点ではそれほど混雑していませんでしたが、オープニングが終わって出てきたときには、かなりの数の方がいらっしゃいました。
裏手の売店の通路はすごい賑わいでした。

DSC_1453









ボブスレーの展示も配置を少し変えてポップに!
以前のデザインで滑走する動画も流しています。

学科の様子は・・・
卒業生と話していて撮り忘れました><
でも、かなりの数の子供たちに来ていただくことができました。
コンサートイベント科や声優・演劇科の学生さんにもスライムづくりを楽しんでもらえました。
来ていただいた卒業生の皆様、ありがとうございました。

明日は実験室の様子もお知らせしたいと思います。

「かまた祭公式ページ」(こちらをクリック!)もご覧ください。


関連記事 

環境・バイオ科ブログ もうすぐ「かまた祭」です!

環境・バイオ科ブログ 明日からかまた祭です! 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 20:50 | この記事のURL | |