環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2018年08月19日 8月25日(土)はリコチャレの日!!

リコちゃん
 テクノロジーカレッジでは、8月25日(土)にリコチャレ(理工系分野に興味がある女子中高生の皆さんが、将来の自分をしっかりイメージして進路選択(チャレンジ)することを応援する取り組み)の一環として「女子が活躍できる理系のお仕事セミナー&理系のものづくり体験」を行います。

リコチャレ紹介















 なんだかとっつきにくいイメージのある理系のお仕事ですが、実際には多くの女性がお仕事をされています。理系の科目は好きだけれど、どんなお仕事があるのかイメージできない方は、ぜひ参加してみてください!


 同日には編入学説明会も開催します。なかなか複雑で理解するのが難しい「大学編入学」について解説します。大学受験を希望しているが受験は不安、という方も大歓迎です!

n-53050518 at 17:55 | この記事のURL | |

2018年04月25日 フレッシャーズキャンプ

 昨日、テクノロジーカレッジの1年生が、みんなでスカイツリーに行ってきました。ここ数年、新入生の親睦を深めるために行っているフレッシャーズキャンプです。少人数のグループで1日見学です。
あいにくの曇り空でしたが(今日だったら最悪だったわけですが…)、ディズニーシーを確認してややテンション↑ その後、ガラス床にみんなで乗って記念撮影。
建築学科、建築設計科とはここでお別れ。環境・バイオ科、電子・電気科、機械設計科は徒歩で上野に移動し、国立科学博物館へ。科博は2時間程度の見学でしたが、いろいろな剥製・骨格標本・機械の展示でとても回りきれず。帰りは雨に降られてしまいましたが、みんなかなり楽しく過ごしたようでした。
(実は一緒に回った班がパスしたTHEATER36○が、相当に面白かったのは秘密にしておきます)

n-53050518 at 15:32 | この記事のURL | |

2018年04月18日 合同企業説明会

 本日は合同企業説明会の初日でした。
 環境・バイオ科もここ数年の就職は好調で、多数の企業さんが参加を希望されていたイベントです。2年生は午前中に注意事項の指示を受け、会場である片柳アリーナに入場、自分が説明を受けたい企業さんのブースを回りました。環境・バイオ科の学生はだいぶ説明会慣れしてきているようで、あまり1つのブースに人が集中することなく、うまく回っていたように思います。
合同企業説明会(縮小)




 テクノロジーカレッジ対象の説明会は明日も開催されます。
 今後は少しずつ説明会のステップが終了に近づき、初夏には多くの企業さんの選考が始まります。
がんばりましょう。

n-53050518 at 17:22 | この記事のURL | |

2018年04月15日 高尾山に行ってきました

入学直後は新入生にとってガイダンスが目白押しの期間です。様々な事を知ってもらうためにいろいろな行事を行います。
 4月13日(金)には1、2年合同で高尾山登山を行いました。男女別に1年生と2年生ミックスでグループを作り、グループごとに登りました。1年生にはクラスメイトを知る良い機会、2年生には後輩が入社したときのシミュレーションといった意味合いもあったりします。
2年生のチームリーダーがしっかりしてくれていたので、脱落者や怪我人が出ることなく、無事に登山を終えることができました。


高尾山2018
画像は稲荷山コースを登った男子チームに立ちはだかる頂上手前の階段!
「マジかよぉ…」という声も出ましたが、この後、一気に登り切って頂上広場へ。

今年はさすがに遅咲きのヤマザクラも散ってしまっていましたが、天候に恵まれ、気温もそれほど高くはならず、いい登山日和でした。




高尾山チゴユリ
(早くもチゴユリが咲いていました!)





さて、次はいよいよ実験ガイダンスです!

n-53050518 at 17:54 | この記事のURL | |

2018年04月07日 本日は入学式!

今日は入学式でした。
新入生、ご家族も多数ご来場いただき、アリーナに入れなかった方は3号館でモニター越しの式となりました。ありがとうございます。

SAM先生のご挨拶にもありましたが、専門学校は「専門家になるための基礎」を学ぶ場所です。高度な専門性を発揮するためには、しっかりした基礎が必要です。必要ない負荷をかけるのは意味がありませんが、人間は負荷をかけないと成長できません。適切な量の負荷をかけ、いろいろな失敗をし、効率を無視することができるのは学生のうちだけです。社会に出れば、かかる負荷にはものすごい片寄りがあり、失敗は基本的に許されず、効率最優先で物事を考える、そういうふうにならざるを得ないのです。
たくさん失敗し、たくさん学んでください。

n-53050518 at 17:10 | この記事のURL | |