環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2020年02月11日 Save the Oceanプロジェクト近況!

日本工学院 Save the Ocean Project

SDGs14SDGs15









サンゴにやさしいサンスクリーンのプロジェクトは、超微粒子二酸化チタンを使って紫外線をカットしようとしています。
しかし、微粒子二酸化チタンは疎水処理されているのに油にうまく分散してくれず、原料の機能を100%生かすことはなかなかできていません。
一見、よくできているのですが……
日焼け止めの難しさがよくわかります。

白化したサンゴは、なんとか死ぬ一歩手前でとどまり、生き残ったポリプに若干の蛍光色が出てきました。


ウスエダ








ウスエダもわずかに紫っぽい部分と緑っぽい部分が…
これから徐々に弱って死んでいくのか、それとも回復してくれるのか…

水質自体はその後安定を取り戻したようなので、新たにハナガサミドリイシを導入しました。

ハナガサ







上から








数日様子を見て、大丈夫そうなら実験に使えるように加工します。
いったん真っ白になったスギノキも若干ブルーの部分が出てきています。

CNFは、もう一度古紙再生トイレットペーパーから少し大きなものを作ってみました。
CNF-スマホ














CNF









前回よりも透明度は上がった気がします。
が、端っこがべこべこに曲がってしまいます。もう少し、乾燥に工夫が必要なようです。


空心菜パルプのCNFは、空心菜のスジがそのまんま残って、「紙」という仕上がりになってしまいました。維管束のスジをしっかり潰してやり直してみましたが…乾燥するとどうなるでしょうか。
仕上がりを期待して待ちたいと思います。

 
今年の蒲田校卒業展は2月28日〜3月1日まで、片柳アリーナにて開催されます。
これらのプロジェクトも展示します。
ぜひご来場ください。


SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 空心菜でセルロースナノファイバー?
サンゴは白化… CNFはちょっと前進!
卒業展に向けたプロジェクト進行状況!


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 18:2 | この記事のURL | |

2020年02月04日 スポーツ実習 滑走2日目

今日は朝からフリー滑走の日。

午前










残念ながら雪だったようです。
初日にはスクールを開催していますが、今日は終日フリー滑走の日です。
晴れてたらよかったのにね、と思っていたら…

午後2










うわ、まじか!
午後はしっかり晴れて、雪はふわふわ、という連絡が!

午後1










どうやら、普段の行いがよかったんでしょうね。

関連記事 

スポーツ実習開催中!

環境・バイオ科ブログ エコプロ2019に行ってきました! 
環境・バイオ科ブログ 明日からかまた祭です! 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 18:29 | この記事のURL | |

2020年02月03日 スポーツ実習開催中!

昨日から選択科目のスポーツ実習が始まっています。

スキー場










昨日は一日かけて移動と宿泊手続き、滑走の準備など。
今朝から滑り始めているようです。
雪不足が心配でしたが、この感じならどうやらその心配はなさそうです。

昨晩は食事後にランタンを飛ばしたようです。 
ランタン1










ランタン2


















スカイランタン!
これはやってみたかった!!

今日も良い天候に恵まれているようで、怪我無く、楽しんできてほしいです。

スクール










このスポーツ実習は大学編入を考えている人にとっては重要な振替科目です。
多くの大学で体育は必修科目なので、取得するとしないとでは編入後の大変さが違います。
特に東京工科大学に編入する場合には取得しておくと圧倒的に自由度が増します。
環境・バイオ科では、大学編入学も重要な進路の一つなので、様々なサポートを実施しています。

関連記事 

エコプロ2019に行ってきました!

環境・バイオ科ブログ 明日からかまた祭です! 
国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田 2019  

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 12:10 | この記事のURL | |

2020年01月31日 空心菜でセルロースナノファイバー?

日本工学院 Save the Ocean Project

SDGs14SDGs15









空心菜パルプ?をCNF(セルロースナノファイバー)に!という実験の続きです。
本日、TEMPO酸化処理と解繊処理を行ってみました。

空心菜CNF1











思ったよりもトロトロした部分とサラサラした部分が分かれてます。

空心菜CNF2










泡が入ってるだけでなく、粘度は上がるものの透明度は上がりません。
酸化の前処理に少し工夫が必要かも…
とりあえずどうなるか、型に流し込んで乾燥させてみています。

空心菜は以前の「呑川浄化プロジェクト」で、水耕栽培によってリンと窒素を回収する試みを行っていた植物です。
ただ、育った植物を放置してしまうと枯れて腐敗し、富栄養化の原因になってしまいます。
植物体を回収した後の利用法として、CNFの原料とし、リンと窒素を含む残渣を肥料化するシステムが構築できれば、リンと窒素を循環し、光と二酸化炭素と水からセルロースを作ることができるようになるはずです。

以前、記事にしたLIMEX(紙やプラスチックの代替新素材「LIMEX(ライメックス)」のボールペン!)も、昨日、神奈川県内で、使用済みのLIMEX製品の回収を開始するというニュースがありました。
どんなに良い素材であっても、資源循環システムがしっかりしていないと優位性を生かすことができません。
CNFの未来も、循環システムがうまく構築できるかどうかに左右されると思います。


リンと窒素といえば、白化したサンゴですが、回復の兆しは見えていません。

在りし日のサンゴ
白化前
























今日のサンゴ
白化後

























ポリプが確認できるところがわずかに残ってますが、生き残るかどうか…
この大事故の原因になったと思われるのも窒素です。
事故直後には硝酸塩濃度、亜硝酸塩濃度が上昇、換水を繰り返してこれらの濃度を下げ、水曜日以降は事故前と同じような値に戻っています。

窒素はたんぱく質の材料なので、生物にとって非常に重要な物質なのですが、濃度が高いと有害です。生物の種類によってその程度は異なりますが、サンゴ、特にミドリイシは敏感なんですね。
失敗にめげず、実験できるように頑張ります。
 
今年の蒲田校卒業展は2月28日〜3月1日まで、片柳アリーナにて開催されます。
これらのプロジェクトも展示します。
ぜひご来場ください。


SDGsロゴ

 












 
関連記事 

サンゴは白化… CNFはちょっと前進!
卒業展に向けたプロジェクト進行状況!
サンゴが水槽に入りました!


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 19:42 | この記事のURL | |

2020年01月30日 サンゴは白化… CNFはちょっと前進!

日本工学院 Save the Ocean Project

SDGs14SDGs15









ユビミドリイシの状態が今一つ(のように見えた)のままだったのですが、藻がけっこう生えてきて悪さをしているようだったので、先週、シッタカ(貝)を入れました。

が、これが大失敗!

月曜日には藻はなくなっていたのですが…
藻はシッタカの糞に変わり、極端な水質変化(硝酸塩濃度、亜硝酸塩濃度の上昇)を招いており…

あれほど綺麗なブルーだったスギノキミドリイシ?がみごとに真っ白に…
ユビミドリイシも少しずつ紫っぽく回復してきたように見えていたのが、やはり真っ白に!

3日連続で半分の水替えをして、ようやく元の水質レベルに近いところまで下がりました。
下の画像はシッタカを入れる直前のものです。うーん…

サンゴ上








スギノキ









ガラス面や台に藻がだいぶ生えてますが、この時点ではサンゴ自体は綺麗だったんですよね。



一方で、前回お伝えしたCNFは少量を乾燥し、フィルム状にすることができました。

CNF1















ゲルの時は完全に透明にはならなかったですが、フィルムにすると結構透けて見えます。

CNF











次のステップとして、空心菜を材料にCNFを作っています

空心菜は「呑川浄化プロジェクト」の中で、水耕によりリンと窒素を回収する試みで使った植物です。
当時は育った空心菜の処理(利用)方法が課題の一つでしたが、CNFが作れると解決方法のひとつになりえます。空心菜のセルロースを利用し、ほかの部分の窒素やリンは肥料にすることで循環することができます。

繊維を取り出す方法は、昨年の「製紙プロジェクト」の手法を使いました。
アルカリで煮込んで、
空心菜1




















水洗してから

空心菜2











漂白剤で繊維以外を除けるように処理、
パルプ化









あとは水に晒して「パルプ」状に!
このまま紙が漉けそうな繊維になりました。

あとはトイレットペーパーと同様にTEMPO酸化して解繊すればゲルができるはず!
結果は次回の更新あたりでお知らせします。

 
今年の蒲田校卒業展は2月28日〜3月1日まで、片柳アリーナにて開催されます。
これらのプロジェクトも展示します。
ぜひご来場ください。


SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「透明(?)な紙」できました!
ついに紙ができた! (製紙プロジェクト2018)
サンゴが水槽に入りました!


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 18:49 | この記事のURL | |