環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2006年02月23日 もし捏造(ねつぞう)じゃなかったら?

皆さん、こんにちは。
バイオニクス科(蒲田)の佐野です。
近頃は、2月とは思えないほど暖かいですね。
でもまた寒くなる予報・・・体調管理が大変だ〜

今回は、昨年話題になった「捏造事件」について、取り上げてみました。

覚えてますか?昨年末、世界中を騒がせる捏造(ねつぞう)事件がありましたね。
韓国・ソウル大学教授、黄禹鍚(ファン・ウソク)氏のES細胞(胚性幹細胞)について。
もしも、この話が本当の話だったら…

通常、細胞は皮膚や神経などといった具合に、どの組織になるのかが決まっています。

ES細胞とは、組織や臓器に成長する元になる細胞で、ある組織の細胞になれ!と指示を与えるとその細胞に変身できるのだそうです。

受精卵を例に考えてみると、そもそもES細胞は受精卵から採取されるそうなのですが、受精卵って最初は1個の細胞だけど分裂増殖を繰り返して、身体の様々な部分に成長しますよね。

こうしたことを医療に応用すると、様々な可能性が開けてきます。具体的には、皮膚を再生させたり、難病を解決する糸口が見出せたり…すごいですね。

 

このように、ES細胞には夢のような話が満載なのですが、やはり問題点もあるんですね。

他人のものは使えない…遺伝子情報が違うので拒絶反応を起こしてしまうのです。

 

この問題を解決するのが、黄教授が試みた方法だったわけです。

どういうことかというと、患者が自分の体細胞を第三者の卵子に移植して、自分のクローン胚を作る事で「自分用のES細胞」を作成することなのです。

この方法なら遺伝子情報が同じなので、拒絶反応なんか起こらない。

実現できていれば、まさに世界も驚くノーベル賞級の技術だったんですね。

 

n-53050518 at 17:55 | この記事のURL | |

2006年02月15日 体内時計の遺伝子、朝の作動が重要です!

皆さん、こんにちは。
 バイオニクス科(蒲田)の佐野です。
 今日は暖かいですね〜
 まるで冬が終わったみたいな気温です。
 このまま春になればいいのですが、そんな事はなくてまた寒さが訪れるのが、例年ですね。
 ますます体調管理に注意が必要になりますね〜

 本日は、体内時計に関する新情報がありましたので、ご紹介しますね。

 哺乳類には、ほぼ24時間周期のリズムを刻んでいる「体内時計」と呼ばれているものがあります。
 
これは、異なる時間に働く16個の時計遺伝子によって制御されているのですが、朝に働く遺伝子のオン・オフ(活性・停止)が正常に作動しないと、周期リズムが消滅してしまうことを、理化学研究所などの研究チームが突き止めたそうです。

睡眠障害などの治療薬開発につながる成果で、12日付の専門誌「ネイチャー・ジェネティクス」電子版にも発表されています。

 それら16個の時計遺伝子のうち9個は、朝の時間帯に働きます。

研究チームはこれまでの動物実験で、「朝型」遺伝子を働かなくすると、昼や夜に働く時計遺伝子にも影響して、細胞全体の周期リズムが消えてしまうことを確認しました。

 更に今回、朝型の時計遺伝子が常に働いている状態(停止させずに「オン」のままにした状態)にして影響を調べた結果、この場合も細胞の周期リズムが消えることが判明しました。

研究チームは、朝型の時計遺伝子の「オン」「オフ」の正常な切り替えが、細胞の周期リズムを保つうえで非常に重要であると結論付けています。

規則正しい生活をする事って、様々な意味で極めて重要な事なんですね。


 このような体内時計の複雑な仕組みの解明は、睡眠障害の診断や治療薬開発などにつながると期待されています。

 

 

※2/13読売新聞参照

n-53050518 at 15:3 | この記事のURL | |

2006年02月09日 一卵性双生児ってどうしてできる?

皆さん、こんにちは
毎日寒い日が続いていて、インフルエンザもかなり流行っているようですね。
体調管理には十分注意して、春の訪れを待ちましょう。

今日は一卵性双生児についてのお話です。
一卵性双生児(双子)って何故できるのでしょう?
一つの卵子に二つの精子が受精するから?・・・どこで、どうやって広まったのかわかりませんが、多くの人がこう信じています。
私も少年時代は信じていました。

一卵性の双生児は、一個の卵子と一匹の精子が受精してできた普通の受精卵一個からできます。そして、一個だった受精卵が、発生の比較的早い段階の何かの拍子に、二つに分割してしまったためにおこります。

一卵性の双生児ができる頻度は、だいたい220〜300の出産に対して1回ぐらいだそうです。
高校生でいえば、1学年に1組ぐらいの割合でしょうか・・・。
ちなみに、1回分割した後、どちらかの卵がもう1回分割すると、一卵性の三つ子ができます。

一卵性の双子の方や三つ子の方々・・・よく似ている方が多い事が納得できますね。

n-53050518 at 17:0 | この記事のURL | |

2006年01月30日 『見学説明会』と『オープンキャンパス+体験入学』

皆さん、こんにちは。
バイオニクス科(蒲田)の佐野です。
受験生の皆さんは、センター入試も終わっていよいよ大詰めですね。
本校の卒業期の学生さんたちは、今日から最後のテスト期間に入りました。
卒業実験・論文があったり、迫り迫った社会への旅立ちへの不安もあるかと思いますが、悔いのないように最後のテストに臨んで欲しいです。
みんな頑張れ

さて、先日の1/15に『オープンキャンパス+体験入学(1日版)』、1/21に『見学説明会』、
昨日の1/29に『オープンキャンパス+体験入学(半日版)』
が開催されました。
毎回、沢山の方々にご参加いただき、感謝しています。
特に1/21は激しい風雪の中にもかかわらず、ご参加いただけた事は正直感激しました。

ここ最近の参加者の傾向として、高校3年生はもちろんですが、既卒者(社会人、大学生、短大生など)や高校2年生の参加が増えてきています。
時期的な事なんでしょうね。
皆さん活発に質問もしてくれて、実験も楽しんでもらえてるようで、とてもやりがいがあります。

今月の開催は昨日の1/29で終了しましたが、来月以降も開催しますので、下記の日程案内を参考にして是非ご参加下さいね。

イベント情報
http://www.neec.ac.jp/event/index.html

n-53050518 at 12:44 | この記事のURL | |

2006年01月13日 腸内細菌で病気の予防?

明けまして、おめでとうございます。
バイオニクス科(蒲田)の佐野です。
2006年最初の投稿になります。
今年も是非このブログをご愛読願います。

さて、今回のお話は『腸内細菌』についてです。

腸で生きている腸内細菌は、一人あたりの重さで1kgほどもあるそうです。
その数も非常に多くて、便1gに10億〜1000億個もいて、種類も100種類以上になるとのこと。
ヒトの便の1/3が腸内細菌か、その死骸の重さといわれても納得ですね。

腸内細菌の働きは多岐に渡ります。
消化・吸収機能の向上、タンパク質の利用率向上、ヒトが作れないビタミンの合成、脂質の代謝を活発化する…etc.

このような体によい働きを活発に行なう菌は『善玉菌』と呼ばれます。
この菌は病原性の細菌と違い、免疫で退治されるどころか逆に腸の中の免疫力の活発化に役立っていて、私たちの健康と切っても切れない関係にあります。
しかしながら、同じ腸内細菌でも病気に関係する菌があるとも言われます。

現在、腸内細菌のゲノム(全遺伝情報)を解明して、ヒトの健康に役立てようという計画があるそうです。
研究が進めば、腸の免疫システムの仕組みがわかったり、効きやすい医薬品・健康食品の開発、病気の予防につながると言われています。

ますますバイオの世界から目が離せないですね!


今年も『体験入学+オープンキャンパス』と『見学説明会』を開催します。
是非この機会に、私たちの学校を見に来てみて下さいね。

イベント情報
http://www.neec.ac.jp/event/index.html

n-53050518 at 17:46 | この記事のURL | |