環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2007年02月17日 光る大腸菌

皆さん、こんにちは〜
 
そろそろ一年次も終盤に近付いてきました。八王子校では実験の授業も
今週で終わり、あとはレポートの提出を残すのみとなりました。
最初の頃は実験操作ひとつひとつがオッカナビックリだった一期生たちも
一年経ってみるとすごく成長して、本当に実験が上手になりましたよ!
1期生のみんな!よくがんばりました
 
光る大腸菌 
←これが蛍光ミドリに光る大腸菌コロニー。
 こんな実験もできるようになりましたね!
 (*´∀`*) 
 これはオワンクラゲという暗闇で光る
 クラゲの遺伝子を大腸菌に組み込んだ
 ものです 
 
春休みまであと二週間、最後の試験を乗り切って、みんなそろって進級
しましょうね                      (八王子@片山)
来週2月23日(金)、24日(土)は、大田区産業プラザ(Pio)にて
「日本工学院 ものづくりフェスタ2007」が開催されます。

http://www.neec.ac.jp/event/monodzukuri2007/index.html
皆さん、ぜひ遊びに来てくださいネ

n-53050518 at 16:8 | この記事のURL | |

2007年02月09日 そろそろ進路を決める時期☆

皆さん、こんにちは
 
バイオニクス科の第一期生たちも、そろそろ将来の進路を真剣に考える時期
になりました。専門学校の2年間を修了した後の進路は、大きく分けて3つ
―⊃Α↓▲丱ぅニクス研究科(1年間)、B膤慂堝、という道があります。
真剣ゆえにまだまだ迷っている学生さんが多いですね。
 
そこで先日2月7日(水)に、バイオ業界研究会&オープンセミナーを開催し
した。バイオテクニシャンの大先輩である”技術士(生物工学部門)”という
資格を持ち第一線でバリバリ活躍されている4名の先生方に公演していただき
ました
 
業界研究1「におわなっとう」の開発の話や「遺伝子治
療」の話、青いバラの話、バイオベンチャー社
長さんの話など、興味深い話題満載でした。
学生さんたちも自分たちの未来像が少し具体化
したようです。
←写真は「バイオな気分」(地人書館)などの著者で有名
 な 矢田美恵子先生です!
                 (八王子@片山)

n-53050518 at 20:37 | この記事のURL | |

2007年02月06日 お醤油、その後。。

皆さん、こんにちは
「お醤油のその後が気になる!」っていう熱烈な(?)ブログ愛読者さん
声にお応えして、あのお醤油のその後をお知らせします
 
 ※あのお醤油ってなに?っていう人は↓こちらをどうぞ。
 お醤油その1・・http://blog70.neec.ac.jp/archives/50021431.html
 お醤油その2・・http://blog70.neec.ac.jp/archives/50044787.html
 
あのお醤油は去年の年末のホームルームの時間にしぼって、皆で
試食しました(お餅と一緒に)〜 まさに『生醤油(*^o^*)  
 
醤油3
なかなかのお味でしたヨ 
自分たちで手作りしたっていうところ
また美味しさ倍増ですネ
楽しいしオツなものですよ〜
 
 
  
手作りといえば、2月23日(金)〜24日(土)に、日本工学院
 『ものづくりフェスタ2007』 が開催されます。↓
http://www.neec.ac.jp/event/monodzukuri2007/index.html
 
 「ものづくりのまち」として有名な東京・大田区にある「大田区産業プ
ラザ(PiO)」で開催いたします。開催期間中は、業界のリーダー
著名人による講演会、協力企業によるものづくり体験イベント、
テクノロジーカレッジ卒業制作展ほか、テクノロジー系学科ブースを
設置いたします。ぜひこの機会に、お友だちとご一緒にご観覧ください。
 
バイオニクス科では「アロマテラピー入門」「手作りアロマ体験」を開催
いたします
 
スタッフ一同、みなさまのご来場をお待ちしています(入場無料)。
 
                                       (八王子@片山)

n-53050518 at 11:11 | この記事のURL | |

2007年02月05日 寿司ネタからマグロが消える!?

皆さん、こんにちは
早速ですが、皆さんはどんな食べ物が好きですか?私はお寿司が大好き
です。お寿司といえば、最近ネタで話題になっているのはやっぱりマグロ
ですね。乱獲でマグロ資源が減少し、地球の海洋ごとに五つあるマグロ国
際資源管理機関が、漁獲削減などの規制を打ち出したからです。
 
日本はマグロ大食国で、世界のマグロの約四分の一が日本人の胃袋に収ま
っているそうです。さらに欧米のすしブーム、BSEによる牛肉離れ、中国
での魚食ブーム…。 マグロを取り巻く環境は激変したため、マグロ乱獲
を防ぎ、漁獲量を決めて資源を保護しようという動きが世界中で出てきまし
た。
でもマグロの無いお寿司なんて考えられませんから・・・規制が行き過ぎない
ことを願うばかりです。。あとは「技術大国」日本ですから、養殖技術を
向上させて資源を守り育てていくことが課題でしょうか。バイオの技術も
必要ですよね。
 
2月11日(日)の体験入学+OCでは、バイオ環境スペシャルを開催しま
ので、環境に興味のある皆さんぜひお越しくださいネ
http://blog71.neec.ac.jp/
                                (八王子@片山)

n-53050518 at 11:20 | この記事のURL | |

2007年01月25日 『BSA』と『BSE』 !?

皆さん、こんにちは

ノロウイルスは下火になったようですが、最近また宮崎県で「鳥インフルエンザ」が見つかったみたいですね。宮崎県といえば新しい県知事も話題になりましたが、鳥インフルエンザも深刻です…。このような動物から人間に感染する病気を「ズーノーシス」と言います。科学技術が進んだ現代でも、まだまだバイオの力で解決しなければならない課題がいっぱいありますね。最近はあまり話題にならなくなっている「BSE」も、人間に感染すると「変異型クロイツフェルトヤコブ病」という恐ろしい病気になります。

ところでバイオニクス科の実験で非常に良く使うもので「BSA」という物質があります。「BSA」と「BSE」は1文字違いで似ていますが、実体は全然違うものです。「BSA」とはBovine Serum Albuminの略で、ウシ血清アルブミンという物質です。これはタンパク質の一種で、特に実験でキーとなる「検量線」というもの(実験のデータをはかるモノさしの役割をするグラフのこと)を作成する時によく使用される物質です。見た目は水のような無色透明の液体ですが、バイオの実験で最も大切な物質の1つです。 

これから、様々なものを紹介しますね

 

n-53050518 at 19:26 | この記事のURL | |