環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2020年03月06日 「web卒業展」第四弾です!

「web卒業展」第四弾は「ボイセンベリーを使った商品の開発」です。

ボイセンベリー画像










ボイセンベリーというのは米国で発見されたキイチゴで、ラズベリーとブラックベリーの交雑種と考えられています。
ニュージーランドでたくさん栽培されていますが、日本でも特産物に育てようとしている地域が複数あります。株式会社シーエスラボの工場がある館林市もその一つです

「潤美リップ」はリコチャレイベントリコチャレイベントのお願いをした際に、このボイセンベリーでコラボできませんかね?という話が持ち上がり、いろいろ検討してきたものの一つです。

ボイセンベリーパネル1
















ボイセンベリー産学連携

















BBリップ2a縮小



















ということで、卒業展に向けたプロジェクト進行状況!でちょこっと紹介したリップバームのプロジェクトが立ち上がったわけです。

ボイセンベリーにはエラグ酸が多量に含まれ、黒く見えるほどアントシアニンが豊富。
抗酸化活性が非常に高いことが知られています。
このボイセンベリーエキスをどう使うか、を考え、群馬県のからっ風に負けないリップバームを作りました。

ボイセンベリーパネル2
















せっかくベリー系なので食べられる成分を使い、香りもできるだけおいしそうなベリーの香りにこだわってみました(これが苦労の原因でしたが)。

シーエスラボの皆様と打ち合わせを繰り返し、試作結果と改善策を話し合い、必要な場合には界面活性剤や香料のサンプルもいただいて、さらに試作を繰り返しました。

リップ化粧品はワックスのような固体油脂の構造物の隙間を液体油脂が埋めることで独特の滑りと触感を生み出します。ところがボイセンベリーエキスやこだわった香料は水を多く含んでいます。配合量が限界を超えてしまうと割れや凹みを生じてしまいます。

リップバーム ひび割れ













使うワックス、油、界面活性剤を変更したり、エキスや香料の量を微調整するなどして、香りや触感を理想に近いままにして割れを起こさないことになんとか成功しました。

ボイセンベリーエキスではほとんど着色しないので、リップ用のマイカを使って着色しました。
最終的に「おいしそう」なブーゲンビレアカラーを採用しました。

色の試作







パッケージデザインはシーエスラボ様が販売されている
「館林産ボイセンベリー濃い化粧水」
のデザインを使わせていただき、シリーズのような感じを出しています。

BBリッフ縮小










卒業展にはシーエスラボの皆様も見に来られる予定でしたが、残念ながら中止になってしまいました。
これらの画像を送ったところ、クォリティについてはご好評をいただけたようです。

ボイセンベリープロジェクトは潤美リップ以外にも進行中です!
他のものも近いうちにご紹介できたらと考えています。
請うご期待!!


SDGsロゴ

 











 
関連記事
「web卒業展」第三弾!
「Web卒業展」第二弾!
「web卒業展」第一弾! 





○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 20:23 | この記事のURL | |

2020年03月06日 「web卒業展」第三弾!

昨日に引き続き、環境・バイオ科「web卒業展」をアップしていきます!


展示紹介の第三弾は「黒湯粉末を使用した入浴剤の作製」です。

入浴剤1











入浴剤2







黒湯入浴剤プロジェクトは4世代目にあたります。
昨年から下丸子にある足湯カフェの湯セレクト様と連携をしながらプロジェクトを進めています

黒湯 連携パネル















今年は黒湯の有効成分と言われている「フルボ酸」の分析手法の確立とよりレベルアップした入浴剤の試作が目標になりました。

フルボ酸は高分子であり、標準物質が入手困難です。昨年取り寄せたサンプルを比較対象に用いて、文献通りに分光光度計で吸光度を測定しましたがよくわかりません。HPLC(高速液体クロマトグラフィー)で他の物質から分離して分析するとそれらしいピークが出ました(条件設定は相当苦労しましたが…)。

入浴剤パネル















入浴剤の試作では粉末化の手法の検討と成分設計を行っています。

入浴剤パネル2















粉末化には昨年と同じ「加熱」「常温で静置(自然乾燥)」「エバポレーター」に加えて「スプレードライ(インスタントコーヒーや粉末だし等に使われる方法)」を試しました。
スプレードライはテストが時期的に試作に間に合わなかったので、製品の試作には「加熱」で得た粉末を使用しました。

黒湯加熱



















スプレードライはテストを依頼した会社に行き、4通りの条件を試しました。

黒湯スプレードライ作業










スプレードライ作業









下からライトを照射すると粉の出来具合がわかります。
SEM(走査型電子顕微鏡)でチェックしてもらうと、かなり小さな中空球体ができており、表面がザラザラしたタイプとつるっとしたタイプができることがわかりました。

スプレードライSEM











黒湯粉末比較







左がスプレードライ、右が加熱の粉末です。
スプレードライは回収率がよくなかったので、今後の課題になりそうです。

設計では保湿成分がネックになりました。
化粧品では油分で皮膚を覆って水分蒸発を防ぐのがベーシックな方法ですが、入浴剤だと溶かしたときに油膜ができるのはNGです。

入浴剤 油膜


















油膜以外にも加える保湿成分により粉が結着せず、割れが生じるケースもありました。


入浴剤 割れ


















様々な処方変更を繰り返して無事に形成できました。
大きな貝殻は普通の浴槽用、小さな貝殻は足湯用(湯セレクトオリジナルの温ぽん用)です。

入浴剤作業中








入浴剤完成

















香りには「グリーンティー」を使っています。

前回ご紹介した黒湯入り化粧品もそうですが、黒湯は大田区を代表する資源です。
環境・バイオ科では大田区とも連携しながら、引き続き「黒湯の商品化」に向けて検討を続けていきます!


今回の試作品やパネルは環境・バイオ科実験室以外に、湯セレクト様店舗でも展示予定です。
ぜひ足湯を楽しみに訪れてみてください。

10.30 湯セレクト2












SDGsロゴ

 











 
関連記事
「Web卒業展」第二弾!
「web卒業展」第一弾! 

卒業展中止のお知らせ






○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 14:22 | この記事のURL | |

2020年03月05日 「web卒業展」第二弾!

昨日に引き続き、環境・バイオ科「web卒業展」をアップしていきます!


展示紹介の第二弾は「黒湯入り化粧品 Black Beautiful Skinです。

BBS ロゴ












黒湯化粧品1


















黒湯化粧品2












昨年も黒湯を入れた化粧品を作っていますが、今年のコンセプトは「温泉上がりのつるつるお肌になれる!!」
黒湯を配合したホットクレンジングジェル、ぷるぷる洗顔(ぷるぷる手触りの石鹸)、化粧水の3点セットを作りました。


クレンジングジェル





















ホットクレンジングジェルは温感にこだわっていながら洗浄力があり、洗った後でべたつかない設計を目指しています。温感はグリセリンで出しましたが、水分が含まれると熱を出さないので、いかにして水分を抜いた設計にするかで苦労していました。

ぷるぷる洗顔3















ぷるぷる洗顔が目指した商品設計は

・ゼリーのようなぷるぷる感
ぷるぷる洗顔1













・黒湯の黒さを生かす
・キメの細かいもちもち泡

ぷるぷる洗顔2










・さっぱりとした洗いあがり

でしたが、タマリンドガムを使ってかなり理想に近いものができていたようです。
黒湯の塩分が結晶化してザラザラしてしまうことに苦労していましたが、砂糖を加えて問題をクリアしました。

化粧水



















化粧水が目指した設計は、しっとり強めのとろみベタつき過ぎない肌を柔軟にし、水分や保湿成分を補う の4点です。
黒湯の成分を濃縮すると沈殿してしまうので、色は残したままで沈殿させないようにすることはかなり高難度でした。


化粧品は香りも重要な要素です。
「温泉」からイメージしやすいヒノキの香りで3点とも統一しました。

完成品














最初の画像は実験室でパネルと展示の配置をテストした時の画像です。
パネルは化粧品展示らしく壁面全体をプレゼンテーションに使う構想でした。
スポットライトも使用し、商品(試作品)をアピールしています。
もし片柳アリーナで展示できていたら、かなりカッコよかったと思います。

今年は黒湯を改正湯様からご提供いただきました。
おかげさまでこのような試作品を作ることができました。
学校からも近いので、興味のある方は「鯉のいるお風呂屋さん」の改正湯に行かれてみてはどうでしょうか。


SDGsロゴ

 











 
関連記事
「web卒業展」第一弾! 

卒業展中止のお知らせ
Save the Oceanプロジェクト近況!





○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 18:10 | この記事のURL | |

2020年03月04日 「web卒業展」第一弾!

本日から環境・バイオ科「web卒業展」をアップしていきます!

環境・バイオ科の2年生は、夏休み前から卒業展プロジェクトに向けて調査を開始し、夏休み明けからプロジェクトをスタートさせました。
途中、2回の中間報告会を行い、2月19日に最終報告会のプレゼンを行いました。

講評会











この報告会にはご協力いただいた株式会社シーエスラボ北越コーポレーション株式会社株式会社湯セレクトの方にもご出席いただきました。在校生、教員も含め、全員がそれぞれのプロジェクトを評価する講評会です。
各チームとも工夫してプレゼンを行っていましたが、「結局、プレゼンテーションがすべてなんですよね」(by宮里先生)。少しの違いや説明のわかりやすさ等が大事だということがよくわかる報告会になりました。
ちなみにここでの評価が展示スペースのサイズに直結しています。

講評会後







この後、卒業展の展示準備を始めたわけですが、この教訓をもとに、どのチームも展示物の工夫をしていたように思います。

さて、展示紹介の第一弾は「呑川におけるマイクロプラスチックの調査と分類法の検討」です。

MPプロジェクト









学校の脇を流れ、環境・バイオ科では採水や水質分析の実習でもよく使っている呑川にもマイクロプラスチックがあるはず!と、そのマイクロプラスチックを分離して調査する方法を検討した意欲的なプロジェクトでしたが、残念ながらプレゼンでちょっとしくじってしまいました。

呑川の下流域3か所と城南島のつばさ浜で底質を採取。比重の高いヨウ化ナトリウム溶液を加えてプラスチック片を浮かせて分離しようとしましたが、比重の軽いものがいろいろ浮いてきました。
暗所で赤外線を照射して、赤外線カメラで反射光を撮影してプラスチックを探そうとしましたが、この条件ではうまくいきませんでした。

赤外線画像








「フルスペクトルカメラ」を使用すればおそらく成功する可能性は高いと思われますが、手持ち機材でもできるのではないかとトライした姿勢はとても評価できるものだと思います。

目視であきらかだったプラスチック片は数個ですが、どのサンプルからも見つかりました。

マイクロプラスチックつばさ浜










私たちの身近な環境にもマイクロプラスチックが存在していることを示し、対策を考えるための第一歩として大事な結果だったと思います。

SDGsロゴ

 











 
関連記事 

卒業展中止のお知らせ
Save the Oceanプロジェクト近況!
空心菜でセルロースナノファイバー?




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 17:6 | この記事のURL | |

2020年02月25日 卒業展中止のお知らせ

本日、蒲田校卒業展の中止が決定いたしました。

新型コロナウイルスへの対応で、残念ながら中止となってしまいました。
今年のプロジェクトはどれも出来がよかったと思うので、本当に残念です。
構想していた展示は幻となってしまったわけですが、その一部だけでも公開したいので、本ブログで「web卒業展」として、シリーズで展示パネルや展示物の紹介をしていきたいと思います。
展示台の壁面そのものも含めて展示をデザインしているものもあり、ほんとうにその一端しかお見せできないのがとても残念です。

CNF作品












CNFで作ったいろいろ(バッグ、鶴、シート、簡単な電子回路、ストロー)
さすがにコップはプラです。
あ、展示台もプラです。

このほかにもSDGsに配慮したプロジェクトがいろいろです。お楽しみに!


SDGsロゴ

 













一方、1年生はPROG解説会を行いました。

PROGは最近多くの大学も取り入れている、ジェネリックスキルが測定できるテストです。
特にコンピテンシー(行動特性の測定ができるところが他の適性テストなどとは違います。

環境・バイオ科では3年前から毎年受験し、自分の特性を知ってから就職活動に臨んでもらっています。

コロナウイルスの影響は就職活動にも及んでいますが、環境・バイオ科ではできる限りのサポートをしていきます。
 
関連記事 

Save the Oceanプロジェクト近況!
環境・バイオ科ブログ 空心菜でセルロースナノファイバー?
サンゴは白化… CNFはちょっと前進!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 21:17 | この記事のURL | |