環境・バイオ科 ブログ(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



地球環境と社会を守る環境・バイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

環境・バイオ科blog

2019年10月30日 明日からかまた祭です!

明日11月2日(土)と11月3日(日)は「かまた祭」が開催されます。
今日は準備日でした!

DSC_1448







売店のテントもしっかり建てられてました。
明日はにぎやかになりそうです。

環境・バイオ科の実験室でも準備が進んでました。

1572588548884












環境・バイオ科はバイオものづクリエーションと称して、簡単な化学実験を行います。
ラインナップは…
 スライム
 バスボム
 バスソルト
 人造いくら

の4つです。

いくら
DSC_1450









バスソルト
DSC_1449









すべてお持ち帰り可能ですので、ぜひ6号館6階の実験室へいらしてください!

ギャラリーでもテクノロジーカレッジの展示があります。

産学連携のご紹介と1年生の将来宣言
DSC_1445









下町ボブスレーの歴史
DSC_1444









ボブスレー実機も展示されます。
DSC_1447









セッティング中のテストパイロットの浅津さん。

DSC_1451









ほぼ配置完了。
左の機体はクリエイターズカレッジがカラーリングを担当。
納品されたばかりで、かまた祭が初披露となります!

右の機体はデザインカレッジの学生さんがカラーリングを担当。
後ろにあるパネルが最終案3つです。
こちらは3日10:30からの「下町ボブスレープロジェクト特別講演」で初公開となります!
残念ながらそれまでは非公開!
講演会終了後はこちらのギャラリーで展示されますので、ぜひ見に来てください!!

「かまた祭公式ページ」(こちらをクリック!)もご覧ください。


関連記事 

環境・バイオ科ブログ もうすぐ「かまた祭」です!

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 21:15 | この記事のURL | |

2019年10月25日 東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献(プロジェクト2018 第二弾)

シクラメン












しばらく間が空いてしまいましたが、今回はいよいよプロジェクトが本格的な香水作りを目指し始めたところからお伝えします。パルファンサトリでのアルバイトのおかげで、「香料の薄め方」「2つの香り要素のアコード(調和のとれた配合)をとる方法」を2人が身に付けてきました。それと同時に、学校では香りづくりの基本になる「単品香料の香りを覚える」ことを繰り返していました。まずは「おだや香」の香りの主成分であるシトロネロール、ゲラニオール、リナロール、ネロール、ファルネソールなど、主にフローラルな香りです。それに加えて、アルバイト中に「いい!」と思った香料を入手しては「エタノールで希釈し、嗅ぐ」を繰り返していました。

そして9月。いよいよプロジェクトが本格稼働を開始したのですが、いきなり壁に突き当たります!ターゲット層には私のリクエストから「はじめての香水」。おだや香の香りは典型的なフローラル。これをベースにして複雑な香りを組み立てて行かなくてはいけません。最終的な香りをイメージして、いくつかの香りのアコードを考えるのです。彼女たちが最終形のコンセプトにしたのは「片思い」でした。ところがマーケティングの先生から「若い学生がそんなネガティブなイメージの商品を買うの?」と問われ、答えに詰まってしまいました。プロジェクトは完全にSTOPです。この時点では3人とも意見はぐちゃぐちゃで、正直このまま頓挫しかねないな、とすら思えるほどでした。

香水コンセプト










長い膠着状態を打開したのはLINE MUSICCMでした。覚えている人もいると思いますが、back number のクリスマスソングを聞いて涙が溢れる女の子のCMです。どう見ても失恋?ネガティブなイメージ?なのになぜCMに??? というわけで、プロジェクトは「共感できる」ものを目指して再起動したのでした。(続く)

 

本プロジェクトでお世話になりましたパルファンサトリの大沢さとり先生の作品が、「世界香水ガイドIII1208」に掲載されています。私も情報をいただいたその足で書店に行きました。ガイドブックですが、読み物部分も辛辣でおもしろいので、香りに興味を持つ人には楽しく読めると思います。 


関連記事

環境・バイオ科ブログ 東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献(プロジェクト2018 第二弾)
環境・バイオ科ブログ 東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献(プロジェクト2018 第二弾)
環境・バイオ科ブログ 東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献(プロジェクト2018 第二弾)


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 21:12 | この記事のURL | |

2019年10月23日 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「空心菜から透明(?)な紙」できました! 

日本工学院Save the Ocean Project

SDGs14SDGs15









CNFプロジェクトは着々と進行中です! 
  ニンジンに引き続き、空心菜で「透明な紙」を作ることに成功しました。空心菜はニンジンと違って、かなりパリパリした感触の紙になったので、けっこうはがすのに苦労しました。

DSC_1438







空心菜を選んだのは、「呑川浄化プロジェクト」からの流れです。かつて環境・バイオ科では、毎年呑川の水を分析して卒業展で発表していたのですが、当時1年生だったSさんが「調べるだけでいいんですか? きれいにする方法を考えなくていいんですか?」と、自主的に始めたプロジェクトです!

  いろいろな案を考えたのですが、「空心菜を水耕栽培し、富栄養化の原因となるリンと窒素を吸収させる」という案を採用。水耕した空心菜がリンをどの程度吸収できるのかを調べました。

  その後、「育った空心菜をどうするか問題」で、セルロース分解菌でグルコースを作り、バイオエタノールからバイオPETを作る。という目標を立てていたものです。バイオリファイナリーってやつですよ。
しかし、PETはまさにペットボトルになるプラスチック! 脱プラの潮流とは相反するもの。頓挫していたところでした。


今日は空心菜のパルプ(?)を作りました。葉緑素とリグニンを漂白剤で脱色してできたものがこれです。

DSC_1442







次はこのパルプから透明なセルロースナノファイバーフィルムを作りたいと思います!



SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「透明(?)な紙」できました!
ついに紙ができた! (製紙プロジェクト2018)
環境・バイオ科での脱プラスチックの試み


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 22:34 | この記事のURL | |

2019年10月17日 環境・バイオ科、日本工学院 Save the Ocean Project 始めます!

環境・バイオ科では2年生を中心に進めている学科内プロジェクトのうち、SDGs「目標14 海の豊かさを守ろう」に含まれる達成目標のプロジェクトを 日本工学院 Save the Ocean Project と名付けて推進していくことにいたしました。

SDGs14










環境・バイオ科は「水」に関する環境技術と「化粧品」製造、成分の技術をコア技術にしていますので、SDGs目標14は貢献できる可能性が高い分野です。重要性が認識され始めた脱プラスチックについても、最大の問題点は海洋マイクロプラスチックの問題で、「海に流れ着いたプラスチックをどうするか?」という難問に多くの人が取り組み始めています。

環境・バイオ科では現在、セルロースナノファイバー(CNF)プロジェクトこれまでの経緯は関連記事を!)とサンゴにやさしい日焼け止めプロジェクト(仮称)2つが該当するプロジェクトとしてスタートしています。これらのプロジェクトの状況は随時ブログでご報告していきます!!

 

SDGsの他の目標に該当するプロジェクトについても、今後ご報告できると思います。

  乞うご期待!

SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「透明(?)な紙」できました!
ついに紙ができた! (製紙プロジェクト2018)
環境・バイオ科での脱プラスチックの試み


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 20:29 | この記事のURL | |

2019年10月16日 1年生がファンケル総合研究所を見学しました!

ファンケル研究所見学2








本日、1年生が東戸塚にあるファンケル総合研究所を見学してきました。

 「正直品質。」のキャッチは多くの方がご存知だと思います。今日の見学では、安心・安全を大事にしていること、そのために「知る」「高める」「伝える」という要素を重視されているとのことでしたが、この中に「伝える」が入っていることが凄いと思いました。

 私の感覚では「伝える」ことを軽視してしまう企業が多いように思います(本学科も含めてです。自戒します)。無添加化粧品でお客様の「不」を解消することからスタートされた企業だからこそ、できたことなのかもしれません。
 728日に環境・バイオ科の実習室で実施した理工チャレンジ(リコチャレ)イベント「調べてみよう!作ってみよう!化粧品メーカー研究者から学ぶコスメティックサイエンス」では、「女性の化粧品研究者と考える、理系女子の未来と働き方」と題して、皮膚の研究をされている横田様にワークショップをしていただき、多くの高校生に実験の楽しさや「知る」ことの楽しさを伝えていただきました(環境・バイオ科ブログ リコチャレへのご参加ありがとうございました!)。これも「伝える」を大事にされているからこそなのですね。

また、今日いただいた小冊子もタイトルは…
 「FANCL FACT 100」

 何よりもエビデンス(根拠)を重視する企業姿勢が、FACTという単語の選択に現れているように思います。研究所には全社員の2割程度が働いているとのことで、「知る」「高める」ための研究開発を非常に重視する姿勢がよくわかります。
 この冊子に載っているFACT100個ですが、ここに載らないものも含め、多くのFACTを積み重ねて、現在のファンケルができている、ということですね。

ファンケル研究所見学1








実はここの事業所では環境・バイオ科の卒業生が3人働いていらっしゃいます。今日はたまたま3人とも居室に在席していたので、久しぶりに会うことができました。みんな元気で活躍されているようで何よりです。

「ここで働くために、何を勉強すればいいですか?」と質問した学生には「どんなことでも興味を持って勉強することが大事」とのお答えいただきました。ここで働く3人のうち、私が直接教えたのは2人ですが、そう言われてみると、在学中は2人ともタイプは違えど興味を持ったことは本当に面白がる学生でした(初代kneech美海苔のキーマンです!:kneechと美海苔についてはこちら 環境・バイオ科 教育について)。


 実は「研究開発」は「実験」や「作業」ではありません(もちろん事実を突き止めるためには「実験」が必要です)。問題を見抜く力や複雑な実験系を構築できる力、そして自分を信じてやり抜く力などが必要になります。そのために、まず自分が「おもしろがる」ことができないといけません。見学の最後にそのことを思い出すことができました。本当にありがとうございました。

研究開発がやってみたい方は好奇心を大事にしてくださいね。

 

 



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 22:5 | この記事のURL | |