環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

体験入学の実験(食品コース)

2005年08月19日 体験入学の実験(食品コース)

こんにちは、バイオニクス科(蒲田)の佐野です。

今日は前回投稿(8/5)に引き続きまして「体験入学の実験内容」について紹介します。

今回は食品コース実験の一部を紹介しますね。

ガスクロ2この機器は「ガスクロマトグラフィー」という分析装置です。

これは、溶かした炭素化合物を分離・分析する装置です。

この装置で、炭素化合物の何がどのくらい入っているか調べる事ができます。

今回の体験入学では、お酒のアルコール濃度を測定しています。

各銘柄によって、アルコール濃度は随分違いがあるんですよ。

幸い私は二十歳過ぎていますので、測定する前に少しだけ舐めてみて濃度の予想なんかしてみましたが、当てる事はできず人間の感覚ってあてにならないものだと痛感しました(哀)…私だけ鈍感かも?(涙)

この他にも色々な実験を行っていますので、是非一度体験入学に来てみて下さいね。

 

体験入学の申し込みはこちら
http://www.neec.ac.jp/event/taiken/index.html

n-53050518 at 18:22 | この記事のURL | |