環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

花粉症のはなし その

2005年12月16日 花粉症のはなし その

皆さん、こんにちは

バイオニクス科(蒲田)の佐野です。

もうすぐクリスマス…ということは、年末…

もうすぐ平成18年が訪れます。

この1年はどんな1年だったでしょうか?

よかった事、悪かった事、反省する事…etc.あるかと思います。

この1年に経験した事を活かして、来年は更に充実させていきましょうね!

 

さて、本題に入りますが…

来春の花粉飛散量は少なく

関東でも平年の半分程度と予想されています。

日本人の2割が花粉症に悩むと言われていますので、

これは喜ばしい知らせですね。

…私もその一人だったりしますが(涙)

今年は酷かった…観測史上最多のスギ花粉飛散量を

記録したりしましたね。

来春の飛散量が少ないといわれる理由として言われているのは

1.花粉量を左右する7月の日照時間が少なかった

2.花粉量が多かった翌年は少ない などなど

 

でも、油断は禁物なんです!

 

花粉症はスギ花粉のタンパク質(抗原と体内のIgE抗体というものが結びつくことで目のかゆみやくしゃみなどのアレルギー症状を引き起こすことをさしますつまり、花粉の量だけでなくIgEの量も問題となります。

今春は大量に花粉が飛散し、われわれはIgEをたくさん作りました。その結果、なんと体がIgE抗体を作ることをまだ覚えていてIgE抗体を作りやすい体質になっているそうです

 

なので、来春は花粉に反応しやすくなっているため引き続き注意が必要とのこと。

安心できないですね。


オープンキャンパス+体験入学のお知らせ

http://www.neec.ac.jp/event/taiken/index.html

n-53050518 at 12:40 | この記事のURL | |