環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

□ ビオトープ管理士02

2008年08月03日 □ ビオトープ管理士02

こんにちは!

考えるより実践する金田です。

(公害防止管理者はしばらくお休みです)

ビオトープ管理士

筆記試験実施日 9月28日(日)

受験申込受付期間 6月2日〜8月15日

□ 2級(筆記試験のみ)の試験内容

 択一問題 50問(3〜5つの選択肢から正解を選ぶ、合格基準は各科目の正答が60%以上であること)

  共通科目  30問(計画部門・施工部門共通)

   生態学    10問

   ビオトープ論 10問

   環境関連法  10問

  専門科目  20問(受験する部門)

   計画部門または施工部門 20問

 小論文  1問(与えられたいくつかのテーマの中から1つ選び、400字以内で解答する。合格基準は、ビオトープ管理士として考え方や行動が適切か否かで判定される)

□ 試験問題の出題例(ビオトープ論)

問 7.ビオトープを保全、復元する際に留意すべき点に関する以下の記述のうち、誤っているものを選びなさい。

1.ビオトープの復元という場合、最終的には遷移という自然の変化を待つ必要がある。

2.ビオトープを保全するために、遷移を止める技術が必要になることもある。

3.ビオトープの境界部分のエコトーンは、積極的に保全する必要がある。

4.ビオトープの復元には、潜在的な生物相の回復という目的が含まれる。

5.ビオトープを保全、復元する際には、「エッジ効果」のことを考える必要はない。

横浜円海山03源流の流

 

横浜市大岡川源流

 

 

8月2日の生態学の出題例 問7の解答は〔2〕でした。(^。^)

〔2〕 a.捕食者 b.被食者 c.競争 d.相利共生

aとbは、食うものと食われるものの関係(食物連鎖)。

cは、食べ物や住み場所をめぐる競争。

dは、お互いに利益を得る関係(鳥は栄養分〔エネルギー源〕を得ることができ、鳥が未消化の種子を他の場所に糞と一緒に蒔くことで植物は移動分散できる)。

金田彰二

n-53050518 at 23:7 | この記事のURL | |