環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

□公害防止管理者New One Point講座25−3□

2008年09月29日 □公害防止管理者New One Point講座25−3□

講座25−2の続き
☆☆分析用の水(有害物質は除く)

水の種類

精製方法

用途

測定項目

A1

イオン交換,逆浸透法など

器具類の洗浄

A2

イオン交換,精密ろ過などの組合せ

一般的な測定

A3

蒸留法

試薬の調整,微量成分の測定

BOD,NO,NO

NH,全窒素,全りん

A4

石英ガラス製蒸留装置または非沸騰型蒸留装置による蒸留法

微量成分の測定

COD,


出題例

20 直ちに試験が行えないときの水試料の保存方法に関する記述として,正しいものはどれか。(H18)

 (1)大腸菌群測定用試料は,05℃の暗所で保存し,9時間以内に測定する。

 (2BODCOD測定用試料は,塩酸を加えて,010℃の暗所で保存する。

 (3)ヘキサン抽出物質測定用試料は,極少量の希塩酸を加えて,pH6にして保存する。

 (4)重金属類測定用試料は,一般に,硝酸を添加してpH4とし保存する。

 (5)硝酸性窒素,亜硝酸性窒素測定用試料は,メタノール(5mL/L試料)を加えて,室温,暗所で保存する。

n-53050518 at 0:32 | この記事のURL | |