環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

□公害防止管理者New One Point講座26□

2008年09月29日 □公害防止管理者New One Point講座26□

こんにちは!

考えるより実践する金田です。

公害防止管理者

     試験日まであと6日

『汚水処理特論』(資格区分 水質関係) 
☆☆☆測定・分析に関する出題(毎年6問出題されています)
BOD,CODのいずれか1題(計算問題の場合もあり)と、分析測定の総合問題の中で選択肢の一つとして出題されています。また、BOD計、COD計の出題もありえます。
出題例

6 BODの検定に関する記述として,誤っているものはどれか。(H17)

 (1)一般に有機物が,水中の好気性微生物によって分解される際に消費される酸素の量で表す。

 (2)窒素系化合物は,水中の微生物による分解を受けないため,BODには関係ない。

3)試料中の還元性物質による溶存酸素の消費は,15分間の酸素消費量(IDOD)として取り扱い,BODとは区別する。

4)試料の希釈水には,好気性の微生物が正常な生物活動ができるように,栄養塩類などを添加する。

5)植種液には,下水の上澄み液,河川水,土壌抽出液などを用いる。


8 CODの検定に関する記述として,誤っているものはどれか。(H17)

 (1)水中の有機物による汚濁の程度を表す指標となる。

 (2)通常,硫酸酸性として過マンガン酸カリウムを加え,100℃,30分間反応後,消費された過マンガン酸カリウムの量を求め,相当する酸素の量で表す。

 (3)塩化物イオンを多量に含む試料には,当量の銀塩を加えればよい。

 (4)加熱反応後に残存する過マンガン酸カリウムは,一定量のシュウ酸ナトリウム溶液を加えて反応させる。

 (5)残留したシュウ酸ナトリウムは,過マンガン酸カリウム溶液で滴定する。


上高地16梓川に架かる河童橋の人波

上高地
梓川に架かる河童橋の人の流れ(2008.9.14)




講座25の出題例 問20の解答は、(1)です (^^
(1)ノルマルヘキサン抽出物質は、ガラス製容器を用いなければなりません

講座25−3の出題例 問20の解答は、(1)です (^^

(1)大腸菌群測定用試料は,05℃の暗所で保存し,9時間以内に測定する。

BODCOD測定用試料は,010℃の暗所で保存する。

)ヘキサン抽出物質測定用試料は,HCℓ(1+1)でpH4以下にして保存する。

)重金属類測定用試料は,一般に,硝酸を添加してpHとし保存する。

(5)硝酸性窒素,亜硝酸性窒素測定用試料は,クロロホルム(5m/ℓ試料)を加え010℃の暗所(短期間の場合010℃の暗所)

金田彰二
(^_^)v

n-53050518 at 19:26 | この記事のURL | |