環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

基準値を高く取れ !!

2011年03月09日 基準値を高く取れ !!

今は便利な時代です。就職活動に必要な知識なら、本屋
さんでもインターネットでも、簡単に手に入ります。

履歴書の書き方や、望ましい応募書類の書き方、面接の受
け方を掲載した就職対策本やホームページはたくさんあり
ます。

でも、就職活動がうまくいかず、どうしたらいいのか分からない人の助けとなるような本やホームページは、ほとんど存在していないと思います。

 

就職活動では、専門学校で何を学んだのか(あるいは
大学で何を学んだのか)、ただそれだけが評価される
わけではありません。
能力や資格といった本人の実力に
関することだけではなく、人柄・人間性なども総合的に
判断されます。その人が、今までにどのような生き方
をしてきたのか、その人の生きてきた20年あまりの
すべてが見極められる
わけです。

就職活動期間だけをまじめに生きてみた、あるいは専門学校生時代だけを一生懸命やってみた、そういう人がいたと
しましょう。そういう人が就職活動で、小さい時から夢や成功のために一生懸命生きてきたという人と一緒に試験を
受けたら、きっと小さい時から頑張ってきた人にはかなわ
ないでしょう。

 

小さい時から一生懸命頑張ってきた人について私が言える
のは、おそらく、人間としての基準値が高いということ
です。何かを行う時に、「これくらいでいいや〜」という気持ちで取り組むのではなくて、「少なくともこれ以上
にはしておきたい」
とか、「一番になれるよう頑張り
たい」
と、取り組む姿勢が身についているのです。

 

就職活動で、他の学校のそういう人と一緒に面接を受けたりすると、本当に自信を無くします。どの会社にも採用されないのではないかと本当に不安になります。そして自信を
なくして、不安に押しつぶされて、受験中の会社にも「どうせこの会社も受からないだろう」という気持ちが強くなって(そして不採用となり)、やがて就職活動から足が遠のくということになっていくでしょう。

 

そういったことを避けるためには、行動の高い基準値を
自分に設定
して、それを心がける必要があると思います。今以上の自分へと変わっていく場として、専門学校生活に
臨む必要があるといえるでしょう。主体的な変化を遂げる
には、専門学校生時代は重要な時期だといえます。今日からでも、内定をもらって社会人として卒業したいと思う人が
いるなら、自分の中の気持ちと行動の基準値を高く設定して下さい。採用担当者の目に留まる人間になっていく
はずです。

 

n-53050518 at 13:51 | この記事のURL | |