環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

★その声に耳を傾けよ・・・★

2012年12月13日 ★その声に耳を傾けよ・・・★

来たる12月9日、日本工学院専門学校ではテクノロジーカレッジとITカレッジの学生さんを対象とした就職支援のプログラム、「先輩内定者の『ナマ』の声を聴く会」が開催されます。

 

就職活動に望む学生さんが内定を頂くまでの過程は、一人ひとりドラマがあって、誰もが自分で思い描いたようなプロセスで内定に至るわけではありません。

一般の就職活動マニュアルのような本を見れば、多くの人の最大公約数的な就職活動を理解することが出来ると思いますが、そこでいざ自分自身のこととして活動をするとなると、本を読んでも解決できない悩みが出てきます。

 

我われ教員は、もちろんそういったところでの相談に乗ったりアドバイスを行いますが、当事者としてこの就職戦線で内定を得た先輩の話を聞くことは、いろいろ得るものが大きいと言えるでしょう。

 

水処理業務に取り組む環境系企業さんから内定を頂いた、環境・バイオ科の2年生も「先輩内定者」としてこの会に参加します。就職活動の失敗談や成功体験を聞かせてくれることでしょう。

 

教員という立場から学生さんと接していて思うのは、自分の不得意分野・弱点を自覚し、その克服に努める努力を続ける学生さんは、最後は内定に至る場合が多いということです。

筆記試験が苦手、面接が苦手、そういった弱点を自覚していながらその克服に真剣に取り組めない人は、就職活動は難しいものになります。また、毎日の授業が苦手、遅刻しないように学校に来ることが苦手、そういった問題を克服できない人も、就職活動は難しいものになるでしょう。

 

内定をもらって就職活動を終えた人は、『どういう人が社会で求められる人なのかが分った』という感想を持つ人が多いといいます。

「先輩内定者の『ナマ』の声を聴く会」に参加して、「社会で求められる人」に近づくプロセスを確かめてほしいと思います。


 

n-53050518 at 14:51 | この記事のURL | |