環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

サステイナビリティ

2014年07月07日 サステイナビリティ

 聞いたことありません?


 「持続可能性」と訳される、ここ数年よく使われるようになった言葉です。

 筆者が最初に知ったのは生物多様性条約がらみで、15年ほど前のことでしたが、

愛知万博や名古屋でのCOP10を経て、現代社会におけるキーワードの一つになってきたように思います。

 

 地球における全ての資源は有限である以上、いずれは枯渇してしまう。

化石燃料、レアアース、地下水…

だから、枯渇を招かない範囲でうまく利用することが重要になってくるわけです!

しかし、生物資源は他と比べて効率的な再生が可能なので、

上手に利用すれば持続的な利用、それも永続的に近い利用が可能になるわけですね。

現在、マグロ・ウナギは資源の枯渇が叫ばれていますが、枯渇から復活したハタハタなんかもいますよね。

それと同じように、ほかの資源についても、
資源調達、製品の生産、使用そしてリサイクル・リユースまで考えた

上手に永続的に近い利用ができるようなやり方が求められるようになってきた、ということでしょうか。

 

 化学の世界でも一時期話題になったグリーンケミストリーと融合して

リサイクル・リユースの概念を持ったグリーンサスティナブルケミストリーという方向性を無視できません。

 

 サステイナビリティ

 

 考えてみませんか?

n-53050518 at 13:20 | この記事のURL | |