環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献(プロジェクト2018 第二弾)

2019年10月07日 東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献(プロジェクト2018 第二弾)

馬込シクラメン園1-1



















 前回に引き続き、東京都育成品種 香りシクラメンを使った地域貢献の初年度のお話です。

 1年生3人のテーマは「大田区のシクラメン栽培の歴史を調べる」ことと「香りシクラメンの香を再現する」こと。まずは大田区で最初にシクラメンを育て始めた馬込シクラメン園の波田野章さんに創業当時のお話をうかがいに行きました。

 馬込シクラメン園入口










馬込シクラメン園3











 波田野さんは子供のころ病弱だったので、ご両親には好きな事を自由にさせてもらっていたのだそうです。園芸高校に入学されて、古い温室で初めてシクラメンに出会ったそうです。気に入ってしまい、自宅の畑の一角に小さな温室を建ててもらって、先生からいただいた一鉢を大切に育てたのが最初だったそうです。
 昭和28年に岐阜県の恵那から500粒の種子を購入して栽培。その頃はシクラメンが非常に珍しく、飛ぶように売れてすぐに売り切れてしまったそうです。その後、近所の農家にも種子を分けてあげたのが始まりで、馬込地区はシクラメンの産地として有名になっていきました。1964年には馬込園芸研究会が発足、最盛期には13軒もの農家がシクラメンを作っていました。しかし、都市化の進行と後継者不足で生産をやめる農家が相次ぎ、現在では波田野さんの馬込シクラメン園と君島園芸さんの2軒が生産を続けていらっしゃいます。


君島園芸入口








 


 後に、瑞穂の中垣園芸さんに香りシクラメンをいただいた時、御主人から、瑞穂町で初めてシクラメンを作り始めた時に栽培方法を教えてもらったのが波田野さんだったこと、その後も種子の供給を受けていたことについて話していただきました。「ここで今咲いている花も波田野さんとこの子孫がたくさんいるんだよ」「あの人のタネはいい花が咲くんだよ」「あの人がいまの東京のシクラメンの最初なの」。まさか瑞穂町と大田区がこのようにつながるとは
思ってもみませんでした。

 

日本のシクラメンは恵那の伊藤孝重氏がルーツと言われています。波田野さんも恵那から種子を取り寄せていますが、その伊藤氏がシクラメンと出会ったのは修学旅行で見た、三越のショーウィンドウに飾られていたものだったそうで、おそらく三井戸越農園で栽培されたものではないかと思われます。戸越農園があった場所は馬込からそんなに遠くありません。城南地区とシクラメン。明治時代に日本に入ってきたシクラメン。伊藤氏や波田野さんのような方が引き付けられて、今につながっていることがよくわかる調査になりました。

 東京のシクラメン栽培歴史縮小













 これらの調査結果については卒業展2017で展示。また、大田区産業振興課からお話があった、大田区野菜と花の品評会&JA東京中央収穫祭でもパネル展示を行いました。
IMG_9959


















JA大森









 長くなってしまったので、もうひとつのテーマ「香りシクラメンの香を再現する」は次回に…(続く)

 

 シクラメンの季節はこれからです。高品質のシクラメンを楽しんでみませんか?

 

お世話になった生産者さん

 馬込シクラメン園さん 東京都大田区20 大田区中馬込3丁目19−11

 君島園芸さん 大田区仲池上2−5−20

 中垣園芸さん 西多摩郡瑞穂町長岡長谷部165

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 20:49 | この記事のURL | |