環境・バイオ科 ブログ 個別記事(化粧品・バイオ・環境 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



環境と社会を守るバイオ技術者をめざす人の情報ブログ 環境・バイオ科blog

オープンキャンパス・体験入学

製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「空心菜から透明(?)な紙」できました! 

2019年10月23日 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「空心菜から透明(?)な紙」できました! 

日本工学院Save the Ocean Project

SDGs14SDGs15









CNFプロジェクトは着々と進行中です! 
  ニンジンに引き続き、空心菜で「透明な紙」を作ることに成功しました。空心菜はニンジンと違って、かなりパリパリした感触の紙になったので、けっこうはがすのに苦労しました。

DSC_1438







空心菜を選んだのは、「呑川浄化プロジェクト」からの流れです。かつて環境・バイオ科では、毎年呑川の水を分析して卒業展で発表していたのですが、当時1年生だったSさんが「調べるだけでいいんですか? きれいにする方法を考えなくていいんですか?」と、自主的に始めたプロジェクトです!

  いろいろな案を考えたのですが、「空心菜を水耕栽培し、富栄養化の原因となるリンと窒素を吸収させる」という案を採用。水耕した空心菜がリンをどの程度吸収できるのかを調べました。

  その後、「育った空心菜をどうするか問題」で、セルロース分解菌でグルコースを作り、バイオエタノールからバイオPETを作る。という目標を立てていたものです。バイオリファイナリーってやつですよ。
しかし、PETはまさにペットボトルになるプラスチック! 脱プラの潮流とは相反するもの。頓挫していたところでした。


今日は空心菜のパルプ(?)を作りました。葉緑素とリグニンを漂白剤で脱色してできたものがこれです。

DSC_1442







次はこのパルプから透明なセルロースナノファイバーフィルムを作りたいと思います!



SDGsロゴ

 












 
関連記事 

環境・バイオ科ブログ 製紙プロジェクト改めCNF(セルロースナノファイバー)プロジェクト 「透明(?)な紙」できました!
ついに紙ができた! (製紙プロジェクト2018)
環境・バイオ科での脱プラスチックの試み


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

環境・バイオ科


学生スタッフや先生から直接お話しを聞いてみませんか?
体験入学+オープンキャンパス インフォメーション
メニューは
こちら

オープンキャンパス+体験入学 好評開催中

お一人でも、お友達と一緒でも、ご家族でも大歓迎!!
お気軽にお越しください!

どんな学科か知りたい方こちら(環境・バイオ科web)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

n-53050518 at 22:34 | この記事のURL | |